超気になる!毛穴の角栓の正しい取り方とダメな取り方とは?

毛穴に詰まってガッチリ固まって洗っても落ちない角栓。

メークしてもブツブツして感じは無くならないし、見た目の清潔感も損なわれてしまいます。

 

毛穴に角栓が溜まってしまう原因とは?

角栓はどうしてできるのでしょうか。
主な原因は下記のようになっています。

 

  • 古い角質と皮脂が詰まる
  • メークやホコリの外部の汚れ
  • 乾燥による皮脂の過剰分泌
  • 肌のたるみ

 

角栓の主な成分は、代謝で崩れた角質です。

ターンオーバーによって出てくる角質を避ける事はできません。

角質が毛穴を塞いだところに毛穴の奥から分泌される皮脂が合わさって固まってしまうのが主です。

 

このターンオーバーがうまくいかないことでも、古い角質が肌から排出されきれずに角栓の原因になってしまう場合もあります。

そして加齢による肌のたるみで毛穴が広がった状態になってしまったことで、汚れが詰まりやすくなっているなども考えられます。

顔をベタベタにしてしまう皮脂の過剰分泌は乾燥肌の時にも起こりやすく、洗顔などの手入れのしすぎが原因になる場合もあります。

 

 

たとえば今回のような毛穴の角栓が気になるからと、力を入れて洗ったり、下記で述べていく間違ったケアをしてしまったりした場合

 

「毛穴が詰まる→手入れ→肌の乾燥で皮脂が過剰分泌→毛穴が詰まる→更に手入れ→皮脂の過剰分泌→毛穴が詰まる」

 

といった具合の負のスパイラルに陥りかねません。角栓の材料を手入れで提供してしまう悪循環は避けたいものですね。

ではどうすれば角質を正しく取っていくことができるのでしょうか?その点についてみてみましょう。

 

 

毛穴の角栓の正しい取り方

角栓を取りのぞくのは、時間が経っていればやはり酸化したり大きくなってしまっていたり一筋縄ではいかないものです。

 

取り除いてもすぐにできるのも角栓の手強いところ。
同じようにじっくり時間を掛けて対策をしていくしかありません。

 

正しい洗顔をする

1・まずは手を洗っておきます。

そのままの手で肌に触れるのも雑菌が気になるものですし、石鹸や各種洗顔フォームは手が汚れていると泡立ちが悪くなるんです。
気分良く泡洗顔を行うにも欠かせません。

 

2・顔を最初にぬるま湯で洗います。

震えるような冷たさだと、毛穴も縮んで閉じてしまい毛穴の中を洗いにくくなります。
熱くても毛穴が閉じてしまいます。
また、皮脂も溶けてしまうので乾燥肌の素になってしまうので温度には注意しましょう。

 

3・顔をぬるま湯で温めたら、洗顔フォームを泡立てて顔にのせて、手が肌に触れないように泡の心地よさを味わいながら1分ほどの短時間で、クルクルと顔全体を包むように洗います。皮脂が多い額と鼻の気になる部分を重視して洗います。

 

4・すすぎで泡を落とします。

この時も手が顔に触れてこすらないようにします。
泡を落としたい部分を水につける感じで落とします。
髪の生え際など落とし残しがないように、鏡で確認しながら洗い残しが無いようにします。

 

5・タオルに水を吸わせるように拭き取ります。
こちらもこすらないようにするのがポイントです。

6・保湿をします。

 

保湿をしっかりとする

洗顔後はすぐに化粧水で水分を補い、クリームや美容液、または保湿液で水分が逃げないようにします。

クリームは油脂分が多く、水分補給よりも水分を逃げないようにするのが働きなのも覚えておきましょう。

顔が乾きを感じる前がベストなので、化粧水とコットンのボトルは予め用意するのがベストです。

手に乗せて溢れるのが気になる人は、コットンにしみこませて顔全体を軽く押さえます。
スプレータイプの化粧水が流れ落ちにくく便利です。

毛穴の開きが気になっている場合は、化粧水に肌の収れん作用があるものを使いましょう。

 

ベタつく脂性肌も乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されていることも多く、保湿で改善する場合も少なくありません。
実際には乾燥肌であることの方が多いんです。

 

保湿時のベタつきが気になる人は、さっぱりした使用感の商品を使うといいでしょう。

 

 

 

毛穴の角栓のダメな取り方

ここからは、やってしまいがちな角栓の除去方法と、それらの方法のリスクについて見ていきたいと思います。

 

 

爪で無理やり取る

表面に出ている角栓を周りに触れずに簡単に取り除けるぶんにはいいでしょうが、爪で毛穴の周りに圧力を掛けて絞り出すような感じになると、皮膚の組織に傷を付けてしまいます。

 

皮膚に傷が付くと、赤くなって腫れ上がってしまったり、ばい菌が入って炎症や化膿を起こしてしまったりするリスクもあります。

治るまで却って手が掛けられなくなってしまうので逆効果の場合もあります。

 

一時的にはうまく角栓が取り除けても毛穴が開いた状態のままでは、また汚れがすぐに詰まってしまうために元の状態に戻りやすく、また同じように取り除いて、の繰り返しで皮膚へのダメージはどんどん蓄積します。

皮膚の表面がだんだん固くなって毛穴の汚れを取りにくくしてしまったり、皮脂の過剰な分泌を引き起こしやすくなります。

 

そのまま色素の沈着が起こったり、詰まりはなくても毛穴が開いたままになることも。

毛穴が黒っぽくなってしまうのは皮膚の酸化によるものです。

もっと悪いと皮膚が陥没したようになってボコボコになってしまったなど、取り返しがつかない状態になってしまうこともあるので、一番避けるべき方法だと言えます。

 

 

オイル綿棒でコロコロして取る

オリーブオイルで、へそのごまを取り除くなどオイル綿棒で汚れを浮かび上がらせて取り除く方法も美容法としては人気です。

た角栓の除去については、オイルの成分が角栓の皮脂と結びついて溶けやすくして結果として角栓が皮膚の外に出てきやすくなるというものです。

 

ただ、表面の浅い部分の汚れしか取り除けない可能性も高く根本の解決にはなりにくいのがデメリットです。角栓を取ろうと綿棒に力を込めて押したり、擦ったりしてしまえば絞ったりするのと肌への負担も変わらなくなってしまいます。

そして角栓を取り除いても毛穴が開いたままでは毛穴を塞ごうと却って皮脂の分泌が促進されて余計に大きな角栓が出来てしまうことも。

 

角栓を取ってもすぐに再発し、毛穴を目立たせやすくしてしまうリスクも考えられます。

 

 

オロナインパックで無理やり取る

ニキビの治療に便利なオロナインはクリームでパックとしても人気です。
水と混ぜて乳液代わりにする方も居ます。

 

角栓が落としやすくなる理由は、オロナインの効果そのものよりも、添加物の働きによるもので一般的な化粧品にも含まれる乳化成分がオロナインにも入っているからです

この成分が角栓の皮脂と結びついて、角栓を柔らかくして毛穴パックを使った時に取れやすくなるというものが、角栓除去効果が高まったように感じさせるとされます。

 

ちょっとした怪我やニキビ治療のために使う場合は殺菌効果が有効なのですが、パックとして濫用してしまうと肌を健康に保つ善玉の常在菌も殺菌してしまいます。

更に、皮膚の表面の組織もピーリングのように取り除いてしまうくらい強力です。何も知らずに繰り返して皮膚の保護に必要なバリア能力も損ねてしまうことになってしまうんです。

肌の組織を傷めてしまうと、乾燥肌、皮脂の過剰分泌などトラブルに陥りやすく、角栓もできやすくなります。

 

それを改善しようとしてまたパックを行えば負のルーブに。

 

オロナインパック後に併せて使う毛穴パックのシートは強力な除去効果がある代わりに、皮膚の表面の組織に負担をかける範囲が指で絞ったときよりも広くなるため、頻繁に使うのは避けるべきものです。

 

上記のオロナインの効果の強力さに拍車を掛けてしまうので肌荒れを増長してしまう要素にもなってしまいます。オロナイン軟膏の成分は油脂分がベースなので、パック後にうまく洗い落とせなければ毛穴の詰まりの素に。

 

油汚れがまたニキビや角栓の素になってしまうといった、きちんとケアが出来ないと肌トラブルを繰り返す危険があります。

油分の補給で皮膚を柔らかくする方法は、毛穴を開かせやすくするにはいいのでしょうがきちんと洗い流すことのほうが大切です。

 

同じようなことは、保湿クリームとして人気のニベアクリームや、ワセリンパックにも言えることです。

 

 

毛穴の角栓がつまらないようにするにはどうすればいいの?

様々な角栓のケアの方法がありますが、一番の方法は生活習慣を整えて、肌のターンオーバーのサイクルを整えてあげることです。

若いうちは30日と考えられている肌のターンオーバーのサイクルも年齢を重ねていくごとに入れ替わりのサイクルが伸びていきます。

40代くらいまでで45日程度の時間がかかります。

 

手入れの成果も見えにくくなっていきます。

ターンオーバーの成果を上げるには、バランスの良い食生活と、睡眠をしっかり取る生活習慣で肌のターンオーバーを整える内側からのケアが大切です。
頑固な角栓にはじっくり腰を据えて立ち向かうしかありません。

そして、外からのケアはちゃんと洗顔をして角栓の汚れを落として保湿で乾燥を防ぐことが一番です。

ピーリングは頻繁に行うと、未成熟な角質を露出させ、乾燥肌を招くのでスペシャルケアとして半月に一度などに抑えるようにします。

 

少なくとも3ヶ月くらいは時間をかけて行くのが、一番の角栓撃退の近道ですよ!

[blogcard url=”http://いちご鼻119.net”]

 

 

 

 

コメントを残す