鼻が黒くブツブツ状態のいちご鼻って気になりますよね。
毛穴の詰まりが洗っても取れないし、角栓を絞って取り除いても痛かったり余計に肌荒れしたりの負のループ。

なかなか治ってくれずに悩んでいる方も多いと思います。

 

最近はワセリンのパックをいちご鼻に対して行うという声も見かけます。
肌に良さそうなワセリンパックですが、いちご鼻に対しての効果はどうなのでしょうか。

 

ワセリンパックといちご鼻について見ていきたいと思います。

 

 

ワセリンパックで本当にいちご鼻は治るの?

検索エンジンなどで調べてみると

 

「ワセリンパックでいちご鼻が治りました!」

 

といっている人は結構いますよね。

なので確かに、ワセリンパックでいちご鼻は治すことができるようです。

ですが、実はそれ一時的なもので”治っているように見えているだけ”なんです。

 

 

ホントは怖い!ワセリンパックの事実・・・

ワセリンは、鉱物=原油をベースに生成した油分で、不純物を取り除いて精製した姿です。

身近なところではメンソレータムなどで使用感を知っている人も多いと思いますが、薬のベースになっていたり、安心して使えるイメージがありますね。

 

ワセリンには種類が複数あって、精製度によって

  • 黄色ワセリン
  • 白色ワセリン
  • プロペト
  • サンホワイト

 

と上から下に向かって精製の度合いが上がっていきます。

ワセリン単体では、カサカサに乾燥した肌の手入れに使うことも多いので、肌の乾燥を防げると思ってしまいますよね。

 

実際のところワセリンは肌に水分を与えるものでなく、主に表面をコーティングして肌の水分の蒸発を抑える効果がメインになっています。

根本の潤い補給についてはあまり効果がありません。

 

そして使用時の副作用が少ないワセリンも、残った不純物が紫外線によって酸化して油焼けという現象を起こし、油焼けによって、肌への色素沈着の原因になる場合があります。

 

パックに使うのであれば、精製度が高いプロペトやサンホワイトを使った方が安全になりますが、パック後には肌に残らないようにきっちり洗い流すのが特に重要です。

手入れにワセリンを使ったことでまた毛穴を詰まらせたり、色素沈着など異なった種類の肌のトラブルを呼び込まないよう、扱いに注意が必要です。

 

 

ワセリンパックで治っている人がいるのはなぜ?

では、ワセリンパックをして肌の状態が改善したという声を見かけるのはどうしてでしょうか。

 

角栓ができる状態の時は肌にも負担が掛かっていて、肌そのものも乾燥して固くなっています。
ワセリンを使うと角栓の成分の油分になじんで柔らかくする効果があります。

 

そして肌の柔軟性が戻ることで毛穴を緩めてその後の角栓を落としやすくする効果が見込める、というものです。

洗顔も、入浴中の体が温まって毛穴が開いて肌が柔らかい状態で行うと効果が上がりますね。

ワセリンと角質の脂質が結びついて皮脂汚れを落としやすい状態をうまく作ることができ、パックの後にきっちりとワセリンを洗い流して毛穴をきれいにする洗顔の効果がうまくつながって初めて改善が見られます。

 

残念ながらワセリンパック単体では頑固な汚れが詰まってできたいちご鼻の改善は難しいでしょう。

根本からの角栓の除去を行うには洗顔が一番大切です。

 

 

いちご鼻の正しい治し方とは?

角栓の成分の70%は角質のタンパク質で、残り30%の皮脂にワセリンの油分が働くというだけでは根本的な角栓の除去を行うのは難しいと分かります。

 

角栓は皮膚の角質だけでなく、化粧品やホコリなど外部の汚れが蓄積した複合的なもので脂質以上に角質の成分であるタンパク質の汚れをうまく落とすのがポイントになります。

ワセリンは洗顔料ではありませんし、タンパク質の汚れに対して直接働きかけてくれるわけでもありません。

 

いちご鼻のケアのためだからと、パックのワセリンを分厚く塗ってしまい、更に洗い流しが十分に出来なければ逆にワセリンが毛穴の詰まりの素になり、いちご鼻の原因として肌に残り続ける事になってしまいます。

毛穴から汚れを排出できるようにするのが必要な時に毛穴を塞ぐのは本末転倒の結果ですよね。

 

洗う時にも強い洗浄力を持っている洗顔料を使ってしまうと乾燥して余計な油分が出てしまうなど、悪循環を招きかねません。

角栓の元を断てるように複数の方法を少しずつ実践していくのがいちご鼻を改善していく近道です。

 

 

いちご鼻の正しいケア方法

 

  • 食生活を見直す・・・油もの、清涼飲料水を控え、栄養バランスの良い食事をする
  • 睡眠を取る・・・最低でも6時間ほど
  • 正しい洗顔をする・・・肌に負担を掛けず肌の奥の汚れも落とす洗顔料を使う

 

肌のトラブルは生活習慣が一番大きく影響しますので、食事の見直しと睡眠から心がけましょう。

洗顔は、なるべく肌をこすらずに汚れを落として、洗顔後に化粧水で保湿するようにしましょう。
保湿成分の入った洗顔料も便利です。

 

週に一度程度のピーリングや角栓の主成分のタンパク質を分解する働きがある酵素洗顔を織り交ぜるのも効果的です。
ワセリンパックもこういったスペシャルケアとして行うのが良いでしょう。

 

毛穴に詰まった汚れは一気に落とそうとせず、時間を掛けて手入れを続けていくのが大切です。

いちご鼻のケアに大切なのは、肌のターンオーバーが正しく働く生活習慣を整えていくことです。
外側だけでなく、内側のケアも忘れずに行いましょう!

 

[blogcard url=”http://xn--119-r63b6crdv865h.net/”]